• トップ

不動産リノベーション

不動産をリノベーションする

不動産の改修は慎重にしましょう

最近ではリノベーションによって中古住宅の価値を上げる方法が人気になっていますが、このやり方はリフォームよりも大規模な不動産の改修になるので、業者を選ぶときは、実績があって信頼できるようなところを探すことをお勧めします。また、この場合は、設備の機能を改善するだけでなく、住む人の好みに合わせて造り替える場合も多いので、住人が建築や不動産の素人である場合は、リフォームやリノベーションの専門家に相談して、プロの目から見ても住みやすさや安全性の面で大丈夫と勧められるような改修を目指すようにした方が良いでしょう。

リノベーションにより上がる価値

不動産を売却する際、たとえばマンションの場合はリノベーション後に販売を始めた方が販売から売却までの期間も短くなり、相場より高値で取引される事があるのです。これは、自己資金があまりなくても住宅ローンを組んで資産となる住宅を購入しようと考える若い世代が多くなっているためです。自己資金があまりないため、住宅ローンの他にリフォームローンを組む事が難しく、そのためリノベーション物件を探す人が多くなっています。不動産の売却を考える場合は、その価値を上げてから販売に臨む事で短期間・高値売却を達成する近道となるでしょう。

↑PAGE TOP