• トップ /
  • 不動産初心者にも分かりやすい

底地の基礎情報とは

不動産をリノベーションする

底地は税金面の優遇がある

底地の良さは、借地権者にもその土地の税金を支払う義務が生じるため、所有者に掛かる税金が安くなる点でしょう。区分が宅地であり、農地などではないので、課税額はけっして安いとはいえません。しかし、借地権がついている土地の場合は、所有者といえども土地を自分のために使ったり、売却したり、自由にすることが出来ません。そのようにさまざまな制約で、土地の所有者が感じる不自由さが否めない分、税金の負担分が少なくなっているのです。

↑PAGE TOP