• このエントリーをはてなブックマークに追加

エステ開業時に必要な消耗品セットのひとつ、ベットシーツについて

ベットシーツは他の消耗品セットと比べると、最初に目に入りやすいと考えられます。そのため慎重に選ぶ必要があります。まずは色ですが、主にホワイト、ブラウン、ピンクなどがあります。汚れが目立たないなどが判断基準になることがありますが、インテリアと合わせる必要もあります。お客様は女性であることが多いでしょうが、男性と比べ女性は形よりも色で判断しそして記憶しています。最初に入ったエステサロンの個室に対して抱くイメージは色であると言うことになるのです。このときベッドシーツを含めたインテリアの統一感は重要で、違和感を覚えるイメージ付けが行われてしまうと、その後の施術に対してもよくないイメージを持たれることがあるので、汚れのことのみを重点的に考えてベッドシーツの色を決めるべきではありません。

ベッドシーツの形状

ベットシーシーツは、エステで利用されるベットの大きさに合わせた形状になっているものがほとんどです。1枚ずつになっているものから、ロット状になっているものなどがあります。ロット状のものは大抵一回分の大きさのところにミシン目が入っているので、その部分で切り取れば施術用のベットの大きさに合います。開業時にやってしまいそうな注意点として、ミシン目に沿って綺麗に切れなかったものをもったいないからとそのまま使用することは避けるべきです。端のほうだからたいしたことないと思い、切れ目が整っていない状態で使用すると、施術もいい加減にされてしまうような印象を与えてしまいます。お客様は消耗品セットの扱い方など、意外と細かいところまで見ています。

ベットシートの素材

施術時に毎日使用していると、ベットにクリームなどの油分や水分が吸い込んでしまい、開業時には綺麗だったのにあっという間に汚れが目立ったりダメージを与えてしまったりします。それを防ぐためには防水機能がある方がよいでしょう。直ぐに拭き取ることが出来るので、お客様にも不快な思いをさせる心配がありません。特にパラフィン紙のタイプは、防水の効果が高いためとても人気があります。厚さも様々ですが、使用するオイルや施術方法を考えて選択するようにしましょう。機材の使用が多いのであれば、薄手のものでも大丈夫ですが、長時間のオイルやクリームをたっぷり使ってのマッサージをするとなると、薄手のものだと耐久性に欠けてしまいます。厚さや素材によって金額が変わってくるので、違うタイプのものを2,3点用意して、お客様の施術内容によってベットシートを変更するのも良いでしょう。

ピックアップ記事

スタッフが利用するエステ開業時の消耗品セット

エステ開業時には、お客様が使用するものに関しては十分に吟味するでしょうが、スタッフが利用するものも適当であってはいけません。エステはスタッフの技術力が不可欠です。スタッフ個人の能力を十分に活用してもら...

エステ開業時の消耗品セットである衛生用品ついて

エステにはコットン、スポンジ、ガーゼ、といった衛生用品も必要になります。一度の使用量が多いので、開業時から多めに準備しておくことをおすすめします。衛生品は、どこでも購入できると考える方もいると思います...

エステ開業時の消耗品セット、下着関連について

ボディエステを行うときに不可欠なのが下着類です。オイルや水に濡れてしまうためお客様には必ず着替えていただくことになります。この下着ですが、着用する側にとってはかなり恥ずかしいものです。初めての場合は、...