• トップ /
  • 不動産リノベーションリスク

不動産にあるリスク

不動産リノベーションリスク

不動産リノベーションの注意点

不動産リノベーションには、ライフスタイル合わせた魅力的な住環境が作れることや、売却時においても売りやすいことや相場より高値が期待できるメリットがあります。ただし、行う場合にはリスクを知っておく必要があり、まず、1つに不動産築年数が長い場合があります。築年数が長いことで耐久性に不安が生じることになり、仮に構造面などに手を加える場合では大きく費用がかかってしまうことになります。2つ目としては時間がかかる点があり、内容によって仮住まいの準備が必要になる場合があります。リノベーションではローン金利リスクもあります。費用面ではリフォームローンが広く活用されていますが、この場合、一般住宅ローンよりも金利が高い傾向があり、長期返済では支払額が大きくなることがあります。

リノベーションとリフォーム違い

リノベーションとは、その建物に新築時以上の価値をつける工事のことを指す耐震工事等の大規模な工事のことです。リフォームと混同されがちですが、リフォームは新築時に近い状態にする工事のことをさします。賃貸物件の不動産をお持ちの方には馴染みのある、現状回復工事はリフォーム工事になります。最近では、中古の物件を買って、自分の好きにカスタマイズして工事を行い住む人も増えています。新築物件だけを探すよりより自分の予算内にあう物件に出会えるのも、人気がある理由のようです。不動産を所有されてる方にも嬉しい傾向だと思います。

↑PAGE TOP