• トップ /
  • 不動産リノベーション失敗談

不動産にある失敗

不動産リノベーション失敗談

買主の意向が決め手の不動産

不動産のリノベーションは失敗が付き物です。特に、売却前のリノベーションは失敗することがあります。売主は模様替えによって物件の売却がしやすくなり、売却代金も上昇することを期待します。しかし、内容が買主の意向にそぐわない場合は、無駄になることもあります。不動産の売買においては、最も気にしなければならないのが買主の意向です。売却前に買主の意向を把握するのは難しく、売却後に買主が自ら模様替えをしたほうが良い場合もあります。しかし、売却予定の物件が、特に状態がひどい場合は、何らかの対策が必要です。畳替えや障子の張替えは、最小限の出費ながらも効果の高いものです。

リノベーションは非常に効率的

不動産の価値はその人により大きく異なるものです。一般的には築年数が浅い物件はその評価額が高く、築年数が古い物はその価値が低下するものですが、最近では築年数が古い物件を現代風にリノベーションして販売するケースが増えており、比較的安い価格で快適な生活ができる物件であるとして非常に注目されています。その大きな理由は現代風の生活ができる間取りや構造となっているため、生活に不自由がないという点です。さらに耐震など建物の構造的な部分についても改善されているため、新しい物件と大きな違いは基本的に有りません。しかし不動産の評価は築年数で行われることが多いため、非常に効率的な物件として高い人気となっているのです。

↑PAGE TOP